年会費無料のクレジットカードがおすすめ

ショッピングやレストランでの飲食、海外旅行時のサービスなど、生活を便利にしてくれるのが、クレジットカードです。最近は豊富なサービスが目白押しで、もはや現代の生活にクレジットカードは欠かせないものになってきています。これからカードを作ろうという方には、年会費無料のカードがおすすめです。

年会費無料だと、全くコストをかけずにカードを維持することができるし、サービス内容も充実していて、利用範囲が広いというメリットがあります。年会費無料のカードでも、ポイント還元率が良く、旅行時の付帯サービスが充実しているカードはたくさんあります。

特定のお店でショッピングするとポイントが倍増したり、ガソリンを入れるとお得になるなど、カードごとに利点があるので、自分が一番利用するシーンを考えてカードを作るのがおすすめです。年会費無料のカードでも選択肢の幅が広く、生活の様々なシーンを便利にしてくれます。

普段使いに適したカードがたくさんあり、日々の買い物や電車の利用などでもポイントが貯まったりなど、カードごとに利点があります。まずはクレジットカードおすすめ比較ランキングなどを参考にして、コストのかからない年会費無料のカードを作って、生活に役立てましょう。

 

嘘の借入申し込みは、信用情報機関では一目瞭然です。

信用情報機関とは、借入する人の金融情報が手に入る所です。消費者金融に借入を申し込みすると消費者金融は審査をするのですが、消費者金融自体では借入する人の年収や会社歴、持ち家なのかなどの確認をします。そこから信用情報機関に借入する人の金融情報を教えてもらい、問題がなければ借入できるという感じです。

5年以内に金融事故を起こしている人やどれくらい他の会社に借入しているかが信用情報機関でわかるので、もし申し込みの段階で嘘をついて記入したとしても信用情報機関からもらえる個人情報で一目瞭然でわかるようになっています。なので、嘘を記入した人は借入しようとしている会社から信用がなくなり、審査結果も落ちてしまいます。

消費者金融は貸金業法の制度のために個人に貸し出せる額が決まっていて、年収の3分の1しか貸出することができないのです。なので、消費者金融に自分の年収の3分の1を超えた希望額を申し込みをしても、消費者金融は貸出ことができません。

 

クレジットカードで安心感と生活の質の向上を

クレジットカードの良し悪しを決めるときにまず着目してしまうのがポイント還元などの還元率です。しかしクレジットカードにはそのほかに各社特色のある付帯サービスやオプショナルプランを設けていることがよくあります。

例えば車を運転する人ならば万が一の時に備えておきたい鍵開けやレッカー移動やガス欠などに24時間対応してくれるスーパーロードサービスというサービスや、携帯電話会社と支払いやサービスに際しメリットのあるシェアパックなどがあります。もちろん海外旅行などに備えた保険のサービスなどはよく知られているところです。

アメリカンエキスプレスカードなら世界の主要都市で使える優待特典もあるので日本国内だけでなく海外でもクレジットカードを利用したいという人にメリットがあります。お金の支払いに使用できるクレジットカードというだけではなく、様々な付帯サービスも上手に利用できればより生活しやすく安心感が増えると言えます。